ご挨拶

 

本研究会は1998年4月に”東北手技療法研究会”として仙台で発足し、

その後数回の名称変更を経て2013年より現在の”筋徒手療法研究会(仙台)”として活動を続けております。

その治療対象は一貫して筋組織とし、現在は『持続的収縮筋と局所の循環不全』を筋徒手療法の治療対象であると捉えています。

筋徒手療法の基本的な治療の流れは「適切な評価で治療対象を見つけ出し、その治療対象に応じた適切な治療刺激を加え、その治療効果を治療対象の変化によって判定する」というものです。

今回、筋徒手療法をより多くの方々に知っていただき、患者さんとしてあるいは治療者としてご利用いただけること、加えまして各方面から様々なご意見、ご批評を賜ることを目的にホームページを作成致しました。宜しく御願い申し上げます。


 
ページの先頭へ戻る